日本では世界に比べて特に個人のアプリ保有数が多く、平均して45個もアプリを持っているといいます。

スマートフォンの多彩なアプリ

スマートフォンには多彩なアプリがあり、仕事で使用するものや、音楽を楽しむためのもの、ゲームをしたりとスマートフォンライフを広げてくれる便利なものとして人気があります。

 

生活や風習の違いからか、日本では世界に比べて特に個人のアプリ保有数が多く、平均して45個もアプリを持っているといいます。
アプリを活用するユーザーが非常に多いというのはスマートフォンユーザーであればうなずける結果と言えるでしょう。
2012年の国内スマートフォンにおけるアプリ市場は139.9億円にもなると言われています。
昨年度は82.2億円であったのに対し、大きな成長となるでしょう。
その背景にはインターネット接続回線をモバイル回線ではなく、Wi-Fiでの普及があり、街や店のいたるところにWi-Fiスポットであるシールが貼られています。
アプリを購入する際に、アプリのランキングやアプリのレビューが参考にされています。
ダウンロードが快適に出来るようになったことと、有料アプリの高品質化があると言われています。

 

音楽関連のアプリも多彩になり、楽曲さえ保有していればいろいろな音楽アプリで楽しめるようになりました。
しかしそのために音楽配信サイトからのダウンロード数は減り、高音質で聴ける楽曲の提供を「スマートフォンでも音楽を楽しむ」というキャンペーンのもと、盛り返しを頑張っています。
パソコンのようにも使うことができるスマートフォンに対し、お金を支払って着メロや着うたが浸透していないことにはさまざまな背景が考えられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ