「Sheena Ringo」の“自由へ道連れ”

エッジの効いた着メロは“自由へ道連れ”

デジタルコンテンツだけの限定リリース「Sheena Ringo」“自由へ道連れ”テレビドラマ『日曜劇場 ATARU』のタイアップ曲です。椎名林檎のファンなら、もうすでに聴いているはず。着メロにも登録しているはず。
デジタルフォーマット中心での出版であるため、着ムービー・ビデオクリップの配信も大きく告知されています。こういうアーティストの動きは、店舗の方では無視なのでしょうか?

 

ミュージックビデオは、今までの作品にくらべるとクセの無い様子。シンプルです。ドラマのタイアップなので、出演している中居正広などが出るのかな。と思っていたら、そうでもなかったです。
映像とは違って楽曲の方は、いつもの「Sheena Ringo」テイスト。ギター&ドラムのソロ部分なんかもカッコイイ。シンバルがたくさん入っている、ラウドな伴奏に対しても、ボーカルの声が確立しているため、キレイに聴き取れます。そのため詩の世界にも入りやすいですね。

 

今後もデジタル・ダウンロード専用のシングルという流れは進んでくるのでしょうか? 盤を刷って、レコードショップに並べて、プロモーションの経費をかけるリスクを負うよりも、シンプルに着うた・着メロなどで出して、売れ行きによって、その後を考えるという方法が、メジャー・マイナーにかかわらず進んでいます。
私的には、最近はMP3ダウンロードを中心に着メロ・着うたで楽曲を楽しんでいるので、この方向性は歓迎しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ